株式会社PARAT

2019/02/18 難題も笑う角では解けまくる

自動運転に欠かせないセンサー基板へのはんだ付評価。
8層7ピン2列、多点同時はんだ付工法の基礎実験は終えているので安心して定席から透明のガラスパーテーション越しにLABOルームをチラ見できる。

「NGを出すのが難しくて」
自動車部品向け設備では上手く行かない条件を求め、何故を求めるのが重要である。
裏を返せば上手く行ったからで諸手を上げて喜ぶわけには行かない、上手く行ったには理由(わけ)がある、それが分かればREAL ZERO、まさに怖いものはない。

「おすぎ先週はあの後どうしたの」
「”ちゃみず”で飲んでいました」
「・・・・?”ちゃみず”で喫茶店?バー?」
コーヒーブレークタイム、上司と同伴してきた商社の若人との会話。
「学生時代に通った”御茶の水”の事です」
「愛知県西尾市在住で”ちゃみず”はないやろ」
「メイダイ卒業って、名大ちゃうんか」
この商社東京支店のRZ担当営業マンに電話。
裏を取るのだが
「”ちゃみず”は”お茶の水”の事です」と冷たい返事。
彼は東京支店と言っても千葉県舟橋、俄かに信用できない。
「将軍にこの辺りの水を献上した事により”茶水”に”御”を付けたのが由来と思います」
君津でも住んでいた、北九州出身のお客様がスマートアシスト。
「上司があなたの名前に”お”を付けて”お杉さん”、ため口みたいに”ちゃみず”の居酒屋とはこれいかに」
神田明神前で鈴廣の板わさをあて(肴)に熱燗酒を酌み交わしながら「二八そば」をすすったOyajiとしては解せない、大阪では茶水博士とは言わない。

ノズルオフライン清掃は「よみがえり君」に掛け、それでも清掃しきれない酸化錫残渣を20分掛けヤスリで除去してノズル品質の維持管理を行っている。
RZ-MULTIは多孔、ヤスリ掛けで腱鞘炎(けんしょうえん)になると叱られそうである。
歯石を除去できるリムーバのようなものを開発する事が急務。

SINGLEならば14点でマシンタクトが50秒近く掛っていましたがMULTIであれば8.5秒と飛躍的に生産性が向上する事が求められたのだが、維持管理の時間短縮が次なる課題である事実を開示。
並行して自動ノズルチェンジ(ATC)開発依頼も舞い込んでいる事もご披露。
”ちゃみず”で盛り上がった場が引き締まる。

上司であるMATSUEIが割りこんでくる
「真面目な話し・・・・・・・・」
「!?、今までのOyaji話しへの上書きやめて」
一堂大笑いで二日間の難波工場でのアンサーテストが終了した。

凍てつくような難題も笑う角ではとけまくる。

吉祥寺を「ジョージ」六本木は「ポンギ」東京は省略、なんやらお洒落っぽい。
大阪は短縮、谷町6丁目「谷6」梅田新道「梅新」、なんやら慌ただしい。

***********************************************

◆http://www.paratdo.com/
ホームページ更新しました。
*RZ情報誌もアップしました。(Vol1〜5)

◆NAGOYA NEPCON JPN2019 9月18日〜20日
出展します。

◆中小企業経営強化税制(投資促進系の優遇税制)
が創設されました。
RZはんだ付機は証明書を発行できます。

◆PARAT経営情報開示について:
帝国データバンクに対し決算書渡し、開示をしております。
他の機関には開示しておりません。

*************************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>