株式会社PARAT

2019/07/01 G20でOSAKAのブランド力UP

「あんたら何見てるの、あの女の人、ここ通ってないやん」

昨年、PARAT上町セミナー会場であったシェラトンホテル都大阪の1階ロビーに空港のセキュリティー並みの金属探知機が設置され、手荷物チェックが行われていた。

宿泊客であろうか、手荷物を両手一杯持ったラテン系の中年の女性が堂々と探知機の横をすいすい通過していったところをすかさず大阪のおばちゃんがホテルスタッフを咎めたのである。

米国、フランス、アルゼンチンの国旗が蒸し暑い大阪の空にたなびく。
交差点でカメラに設えたI-PADサイズのLED照明で自撮りするフランスのニュースキャスター、日常の大阪が世界の耳目を集めていることに違和感を覚え少しばかり興奮。

顧問弁理士と弁護士、CEOとCOOが上町本社工場5階で額を寄せる。
ユーザはほとんどが上場企業であり、その関連会社。
はんだ付不良ゼロが実現できるREAL ZEROはんだ付工法に関して二十数件の特許申請や意匠登録をしており続々権利化されている、難波工場には所狭しと特許証が10年間で7億円以上に上る開発投資結果として飾られている。

コスパが低く、不良ゼロは遠い世界、似て非なるスリーブ式はんだ付競合メーカは何故売れるのか?
理にかなったRZ工法もはんだ付ヘッドだけを買って安くしたいという一部のユーザの要望にマッチしているようだ。
買ったら分かると高みの見物はできない、車載部品は簡単に工程変更できないことと、投資回収できていない設備更新の壁は高い。

市場調査した結果。
・はんだ付時に基板へのストレス軽減させるためのヘッド側にサスペンション機能。
・高品質はんだ付を実現できる端子の上に必ず糸はんだを供給、溶融するノズル形状。
メーカ、代理店、ユーザがこの二つのPARAT所有する特許に抵触している事例が確かめられた。

超多忙な顧問軍団、終業まじかの夕刻が集合時間、残業ゼロを順守するために会議が踊り始めた時に小料理屋でのアウトサイドミィーテイングに切り替える。

弁護士のスマホが常に光る、なんと今夜から東京に移動するための身支度を収納した銀色のアタッシュケースをタクシーのトランクに忘れたという。
「あかんで、この辺は北海道警察が重点警備しており、運転手が警察に届けるとやばいですよ」
領収書からの紛失物操作が功を奏し、運転手が近くまで届けてくれ事無きを得る。

晩餐会には住まいがある河内産の大阪食材が並んだようだ、八尾の枝豆、河内鴨、河内ワイン、梅酒。
訪問したこともある秋鹿酒造の山田錦で醸造されたお酒での乾杯。
勿論季節食材の泉州産水なすやたまねぎも振舞われた。
国内外からの来客が多いPARAT、G20でまさかのメジャーデヴューした大阪産食、おもてなしが今以上に光輝く。

交通規制で商いや生活の妨げと極一部のプロ市民が騒いでボケているのが、微笑ましい、平和を象徴している。
震災やテロと突然の禍での交通規制ではない世界中の方々に安全で平和な大阪を知っていいただく最高のイベント。
長い低迷期からようやく経済が上昇基調に転じた大阪、更に景気を付けれる大きな契機。

大企業はコンプライアンスと言っているが現場は鈍感、グローバル対応もできる最強顧問団の方針を着々と実施していくことを確認。
9月の名古屋での展示会では先進国としては当たり前の知財保護に関する注意喚起する。
特に似て非なるメーカと代理店にはフォルテシモで、善意のお客様と争わないように周知徹底しようと席をたたむ。

ほろ酔い気分で会議メンバーにアデイオス、歩を進める内に好奇心がもたげてくる。
吸い込まれるようにシェラトンホテルへと踵を踏む。

6月27日、蒸し暑い大阪の夜、ほろ酔いのOyaji、明日からG20が始まることを実感。

***********************************************

◆NAGOYA NEPCON JPN2019 9月18日〜20日に出展
します。
・PARATの単独出展です、PARATのスタッフが応対
させていただきます。

◆ホームページ 少し、おもしろくなりました。
・http://www.paratdo.com/

◆中小企業経営強化税制(投資促進系の優遇税制)
が創設されました。
RZはんだ付機は証明書を発行できます。

◆PARAT経営情報開示について:
帝国データバンクに対し決算書渡し、開示をしております。
他の機関には開示しておりません。

************************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>