株式会社PARAT

2019/08/05 ゆったりと正々堂々を求める

年商20億円の体制づくり。

この3月末決算で10億円を達成した、目指せ2050年100億円市場を創造しようとの目論見、夢見心地で仕掛けてきた結果である。
然し、まだまだ道半ば。

このまま年商10億円で平和に維持して行こうも立派な経営方針であると思うのだが。

ユーザは世界に冠たる自動車メーカや部品メーカ、グローバルに生き抜くために熾烈なるM&Aを繰り返している中で安閑としていられない。

一流のお客様と膝を突き合わせる際に必要なのが備え。
「正正の旗」の軍隊を迎え撃ってはいけない。
「堂堂の陣」の軍隊を攻めてはいけない。
と孫子は説く。

ガバナンスが効いた企業を構築し、社是の「想像から創造」で「自動運転、電動化に必要なRZはんだ付工法で世に貢献。
これがPARATの「正々堂々」である。

カラオケラウンジのママがしきりに感心する。
「素晴らしい社員さん達です。時間通りに始まって、約束の時間に全員きれいに撤収。
持込のお料理も手際良く盛り付け、配膳。
後片付けもごみ一つなく、持ち込んだゴミ袋に仕舞い込み指定のゴミ捨て場に。
カラオケの採点や表彰式、すごく手際良い。
そればかりか、若い人達が余りにも歌が上手い、精密採点で90点以上は中々出ないし、93点は過去最高じゃないかな」

キャリア採用者4名の歓迎会がカラオケラウンジで開催された。
COOの陣頭指揮で一糸乱れず幹事さんがスタッフをおもてなしをする。

吉幾三からKARAまで、春夏秋冬がタイトルに入った選曲の一発勝負で得点を競う。

最低得点がCEOの62点。

1〜3等賞に現金が支給され、団体戦の勝者にパイナップルが手渡された。
おひらきまでに後5分、泣きの一曲「青春時代」で面目躍如、「こりゃ大丈夫」の声が飛ぶ。
83点で気分良くラウンジを去り、幹事さんを慰労するために二次会、暗闇の中に身を投じる。

難波工場はつい最近までは4名であったが今や8名のRZ開発軍団に成長した。
自動車部品メーカで品質管理や設備、人事等のマネージメントしてきたスタッフも9月1日から上町工場で采配を振るう。
次世代に向けたゆったりとした組織作りが始まった。

「私達がいなくなっても、指示しなくても今日のようにテキパキ動ければいいのに」
短期間で5人の若きスタッフを入社させたCOO、顔の表情に疲れが浮かぶ。
かち割り氷をグラスで回しながらママと焦点の定まらない話をしながら安らぎの時を得ている。

少なくとも後5年は最前線だ。


***********************************************

◆NAGOYA NEPCON JPN2019 9月18日〜20日
に出展します。
・PARATの単独出展です、PARATのスタッフが応対
させていただきます。

◆ホームページ 少し、おもしろくなりました。
・http://www.paratdo.com/

◆中小企業経営強化税制(投資促進系の優遇税制)
が創設されました。
RZはんだ付機は証明書を発行できます。

◆PARAT経営情報開示について:
帝国データバンクに対し決算書渡し、開示をしております。
他の機関には開示しておりません。

************************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>