株式会社PARAT

2020/08/17 往生せんように

40℃越す路上に昇天するセミ2匹。
アブラゼミとクマゼミだ。
熱中症なのだろうか、短い娑婆人生の終焉なのだろうか。

人影がまばらな百貨店のレストラン街にある蕎麦屋。
時は帰宅するサラリーマンがいない黄昏時にはまだ早い夕七ツ。

遅い昼食を嗜み、パソコンでWEB決済している目の前をマスク無しの80歳を優に超えた老夫婦が通り過ぎる。

暫くし、奥から大きな声が聞こえる。
「わしゃ商売してるんや、一番高いやつ、高いやつが美味しいんや!」
「これいかがですか」
「高いのん、高いのが・・・」
「熱いのと、冷たいのどちらにしますか」
「高いやつゆうとるやろ」
聞こえなかったが温度が高いやつを選んだのだろうか。


相次いで十分過ぎで90歳近くの足下もおぼつかないマスクをしない老婆がすり足で目の前を通り過ぎる。

機嫌よく蕎麦を楽しんでいるようだ。
暫くして、店員を呼びつける。
「こんなもの頼んでない、ご飯がないやん、単品いやや」
「メニューでこれ選ばれたんですが、ご飯だけお付けします。300円追加ですが」
クレジット付き買物カードを差し出す。
10分間の沈黙の後、
「こんなん頼んでない、これや」
フロア担当のおばさんがたじろぐ。
「これはセットメニューですが、これでいいんですか?お高くなりますがセットにしますか」
「これが、これ頼んでたんや」
初老の店長も困惑気味に応援に駆けつける。
・・・・・・・・静かになった、食欲旺盛。
何事も無かったように上品は老婆がカード決済で店を後にする。

お客様も、店側も往生しているようだが、吉本新喜劇のドタバタ劇よりリアルで面白い。

2組の枯れた先達が去った後に清涼感溢れる静寂が訪れる。
 
セミの寿命は3-17年、娑婆に出て半月から1ケ月、昇天セミは満足いく最後の晩餐をしたのだろうか。

**************************************

<NEW>
■RZ初秋キャラバン受付中!

■RZ-Concierge 7月13日 OPENしました!
http://rz-concierge.paratdo.com/

■WILL&SKILLがある、人材募集中!
窓口:PARAT経営企画部。
インターネットエントリーは
http://www.paratdo.com/recruit.php
**************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>