RZ-MULTI Soldering Robots

CARTESIAN ROBOTS TYPE

直交ロボット搭載Type

RZ5850/6850/7850
RZA5850/6850/7850
RZB5850/6850/7850

RZはんだ付ロボット販売の98%以上が自動車向け、電動化や機電一体が進む中、広範囲で高速、高精度なはんだ付が要求されます。
自動車部品のメガサプライヤーであり、RZ工法の顧客でもありますDENSOグループ会社デンソーウエーブ製の高速性、制振性に優れたHSシリーズにはんだ付ヘッドRZ800を搭載しました。
従来のRZ200ヘッドは6kg(糸はんだを含む)と重く、RZ800は1/2をコンセプトとし3Kgを達成、HSシリーズとのコラボレーションが実現しました。

SCARA ROBOTS TYPE

スカラロボット搭載Type

RZHS850
RZHSR850
 

RZ-SINGLE直交ロボット5000/6000/7000シリーズにMULTIヘッドRZ800、ヒータユニットMHU50を搭載しました。
端子の回転方向を画像処理でアライメントし、角度補正するためのΘ軸も搭載したバージョンもあります。
制御は現在採用しています、RZ専用PLCをベースにしたコントローラと、制振制御を実現できるRZ専用ロボットコントローラが選択できます。

糸はんだ供給部

RZ-SINGLEで搭載されたRZ200ヘッドの供給ミスゼロ機構を踏襲、糸はんだ供給部入口の材質を樹脂から金属に変更し、10年以上の耐久性を確保しました。
切断長さも多点すべて2〜15mm、0.1mm単位で変更可能です。

切断部

多点切断のために駆動はステッピングモータを採用、はんだ付間隔は均等でなくても任意に変更可能です。
切断有効ストロークは34mmその範囲ならば何点でも切断でき、切れ味はRZ200相当です。
切断片はシャター付切断治具内に格納され設定位置で解放されます。

ヒータユニット部

セラミックスヒータ性能をバージョンアップしました。 従来品のH20/30/40は900℃/分、今回採用したH50は1300℃/分と急速な熱上昇にも耐えれる熱衝撃性、ワット密度も大きくなりました。
熱源を3倍以上に高めた事による多点同時は勿論のこと、熱引きが大きなデバイスにも対応できるようになりました。

マルチノズル

材質は炭化ケイ素(SiC)、特色は熱伝導率も210W(m/k)※と大きく高温強高度・耐摩耗性大・耐薬品性大・軽量高剛性と優れもの。但し、欠点は高加工費・欠けやすい・熱衝撃に弱いので取り扱いには要注意です。
加工最小ピッチはmin2.0mm、先端形状Max寸法はt8x34mmです。

製品仕様書
型番

直交ロボット搭載Type
RZ5850/6850/7850
RZA5850/6850/7850
RZB5850/6850/7850

スカラロボット搭載Type
RZHS850

最大リーチ:350㎜ / 可搬:5kg / CYT:0.29s / 精度:±0.015㎜

RZHSR850
最大リーチ:480㎜ / 可搬:8kg / CYT:0.28s / 精度:±0.01㎜
※株式会社デンソーウェーブ製ロボットを採用しています

特色
ヘッド重量1/2による「ロボット時間短縮」
多点同時はんだ付で熱引き大に対応
適用ヘッド
RZ800
ヒータ
(型番)H50
(容量)400W=50W×8個
(ヒータユニット)MHU50
ノズル(形状)
炭化珪素(SiC)/熱伝導率 210 W/(m·K) 
一次側
AC200~220V&100~110V/0.4Mpa&0.2MPa

※装置型番はロボットタイプ、はんだ付範囲、ヒータ型式組み合わせによる型番表示です